野楽クラブ

野楽力研究所の子ども向けサイトです

平成31年4月3日・・・このごろのようす

 日ざしはだいぶん春らしくなってきましたね。朝明けるのも早くなってきました。6時前には明るくなってきました。そういうことで、草花たちは、おおよろこびしているのでしょう。いままで小さかったのが急にせをのばし、花をたくさん咲かせています。

(下の写真)左=ホトケノザ。中=ヒメオドリコソウ。右=ユキヤナギ。ホトケノザとヒメオドリコソウのくべつはつくようになったかな。花は同じようですが、葉の形がちがうようです。ホトケノザの葉は、ほとけさまがすわるまるいざぶとんのようです。ヒメオドリコソウは三角形の葉ですね。ユキヤナギは雪がつもったような感じの花のつきかたですね。葉がやなぎににているのでゆきやなぎというそうです。

f:id:noyama_ko:20190403172041j:plain
f:id:noyama_ko:20190403172059j:plain
f:id:noyama_ko:20190403172120j:plain

 

平成31年2月27日・・・このごろのようす

ようやくあたたかくなって、みちばたの草も頭をもちあげはじめました。日あたりのよいところでは、小さな花をつけはじめました。みなさんのまわりでもさがしてみましょう。

(下のしゃしん)左=ホトケノザ、中のしゃしんのヒメオドリコソウと花はにています。葉の形がほとけさまがしくざぶとんににているので、ほとけのざ(ぶとん)といわれます。中=ヒメオドリコソウ、草の名前でヒメ(姫)がつくと、おひめさまのようにかわいらしいということをあらわしています。ですから、ヒメオロリコソウはオドリコソウの小さいかわいらしいものという意味です。オドリコソウという草は30㎝くらいの草たけのくさで、花の形はにていますが、大きいです。右=ハコベ春の七草ハコベラといわれるものです。ウサギやヤギはだいすきで、よくたべます。

f:id:yachipon:20190310141434j:plain
f:id:yachipon:20190310141430j:plain
f:id:yachipon:20190310141438j:plain


 

平成30年6月21日 このごろのようす

このような花や昆虫が見られるでしょうか。

ヒルガオ                         ホタルブクロ

f:id:yachipon:20190319143836j:plain
f:id:yachipon:20190319143833j:plain

ユウゲショウ                       イヌガラシ

f:id:yachipon:20190319143901j:plain
f:id:yachipon:20190319143857j:plain

ヒメジョオン                        ナワシロイチゴ

f:id:yachipon:20190319143853j:plain
f:id:yachipon:20190319143846j:plain

クロアゲハ(メス)                     オオシオカラトンボ(オス)

f:id:yachipon:20190319143849j:plain
f:id:yachipon:20190319143842j:plain

 

平成28年4月6日 このごろのようす

ずいぶん草花が咲きはじめました。どんな花が咲いているか、道ばたで観察してみましょう。

ハルノノゲシ                       ヘビイチゴ

f:id:yachipon:20190319144943j:plain
f:id:yachipon:20190319144947j:plain

カラスノエンドウ                      ナガミヒナゲシ

f:id:yachipon:20190319144953j:plain
f:id:yachipon:20190319144956j:plain


ハルノノゲシは、にているアキノノゲシに対して春に咲くので名づけられたようです。

ヘビイチゴの実はイチゴのようですが、おいしくなくてきらわれるのでヘビイチゴといわれるのでしょう。

カラスノエンドウマメ科なので豆のさやができます。それがじゅくすと真っ黒になるのでカラスのようです。また、小さいさやを作るススメノエンドウよりも大きいことも名前のいわれとなったようです。

ナガミヒナゲシは、ケシの花ですが。実の形が丸くなくて細長いので、「ナガミ」と名づけられたようです。この実の中にそれこそたくさんのたねを作るので、すごいふえかたであちこちに広がっています。地中海地方の植物で、昭和36年に東京で見つかったのが最初で、それから、広がったということで、そのふえ方は、おそろしいです。

 

ハナニラ                          ミミナグサ

f:id:yachipon:20190319144959j:plain
f:id:yachipon:20190319145010j:plain

ノボロギク                         タネツケバナ

f:id:yachipon:20190319145013j:plain
f:id:yachipon:20190319145018j:plain


ミミナグサは、名前の通り、葉がウサギの耳のように向かい合っていますね。ノボロギクは「野・ぼろ菊(きく)」ということです。かわいそうな名前ですね。名前をつけるときには、いい名前をあげたいですね。この菊は、いつ咲くかとまっていても咲かずにわた毛になってしまうので「この花はだめだ」というのでボロギクと言われ、野に咲いているのでノボロギクというわけです。

 

オトメツバキ                        ボケ

f:id:yachipon:20190319145021j:plain
f:id:yachipon:20190319145024j:plain

ユキヤナギ                         レッドロビン

f:id:yachipon:20190319144936j:plain
f:id:yachipon:20190319144939j:plain


ボケは写真のようにピンク色のものと赤色のものがあります。赤色のものの方が多いようです。レッドロビンは、にているカナメモチより葉の赤色がこいですね。というのはカナメモチとオオカナメモチとをかけあわせてできたからです。いけがきとしてかきねにずいぶん植えられています。

平成28年2月22日 このごろのようす

家の近くの土のあるところで草がのびはじめたと感じませんか。春ですね。あたたかくなると草もあたたかを感じて、いままでにためていた栄養(えいよう)を使って、いきおいよくのびるんですね。広げた葉で新しい栄養を作るわけです。写真のような花や草が見つけられるでしょうか。

ヒメオドリコソウ                      ツルニチニチソウ

f:id:yachipon:20190319150114j:plain
f:id:yachipon:20190319150117j:plain

カラスノエンドウ                       ヤエムグラ

f:id:yachipon:20190319150120j:plain
f:id:yachipon:20190319150109j:plain

 

平成28年2月2日 このごろのようす

昭和記念公園の日当たりの畑のふちで、野の草が、春を待ちかねていたように花をつけていましたよ。みなさんのうちの近くではどうでしょうか。日当たりの良いところから春がおとずれるようです。春をさがしてみましょう。

ヒメオドリコソウ                      ホトケノザ

f:id:yachipon:20190319150622j:plain
f:id:yachipon:20190319150626j:plain

ナズナ                            オオイヌノフグリ

f:id:yachipon:20190319150616j:plain
f:id:yachipon:20190319150620j:plain

 

平成27年11月19日 このごろのようす

だいぶ日が短くなり、夕方もずいぶん早くくらくなるようになりました。この日の短くなることで花をさかせる植物は、今さかんに花をさかせています。写真のコウテイダリア(皇帝ダリア)はそのもっともいいれいの植物です。キク(菊)もそうです。きんじょの庭でさいているのをさがしてみましょう。

コウテイダリアの花                   コウテイダリアのみき

f:id:yachipon:20190319151110j:plain
f:id:yachipon:20190319151113j:plain

コウテイダリアの葉                    チャ(茶)

f:id:yachipon:20190319151116j:plain
f:id:yachipon:20190319151119j:plain

ピラカンサ                          ブッドレア

f:id:yachipon:20190319151122j:plain
f:id:yachipon:20190319151125j:plain

ランタナ                            サザンカ

f:id:yachipon:20190319151104j:plain
f:id:yachipon:20190319151107j:plain